通う回数の違い

脱毛サロンの方が施術回数は圧倒的に多い

サロンで施術を行う場合、施術回数は18回以上になります。一方、医療機関で治療してもらう場合は5回程度になります。なぜこれほどまでに違いが出るのかというと、光脱毛(IPL脱毛・プラズマ脱毛など)に使用される医療機器の種類が、サロンと医療機関では違うからです。医療機関では、サロンよりも強力なレーザー機器を使っています。

医療機関には医師が常駐しているため、施術中に万が一の事があっても迅速に対応できます。そのため、強力なレーザー機器の使用を国が許可しているのです。強力であるということは、脱毛効果も非常に高くなるので、施術回数が少なくても脱毛処理ができてしまうのです。一方、サロンには医療従事者がいないため、施術中に肌トラブルが起きたとしても対応できません。そのため、パワーの弱い医療機器を使用した治療を行うことになり、脱毛が完全に終わるまで時間がかかってしまいます。

回数が多いと値段も高くなってしまう

サロンの方が1回あたりの値段は安いですが、回数が多い分、最終的には高額になってしまいます。医療機関の方が高くなってしまうのでは、と思われがちですが、回数が短くて済むのでサロンよりも安くなる可能性が高いです。たとえ総合的には高額になってしまったとしても、1回の単価が安い方が良い、という方はサロンで施術を受けることをおすすめします。サロンには医療従事者はいませんが、カウンセラーやエステティシャンがカウンセリングを行い、一人一人に合わせた施術を行います。短い回数で強力に脱毛してもらい、料金を安く抑えたいという方は医療機関で施術を受けましょう。医療機関には医師や看護師などの有資格者が常駐しているので、脱毛を初めて行う人でも安心です。

銀座は都内の一等地ともいわれいて、高級ブランド店が集中していることは有名です。また美容クリニックなど美に関する機関も多く、銀座で脱毛を専門に扱っている場所も見受けられます