配置されているスタッフの違い

サロンはエステティシャンが脱毛の施術を担当することが多い

サロンでは、エステティシャンの資格や経験を持つスタッフが脱毛の施術を担当しているところが多くあります。また、店舗によって脱毛方法や施術の期間に違いはありますが、光脱毛と呼ばれる施術を専門としているところが目立ちます。最近では、サロンでの脱毛の施術はやけどや肌荒れなどのリスクが低いものの、エステティシャンの技量によって仕上がりにムラが生じたり、肌の表面が一時的に赤くなったりすることもあります。大手の全国チェーンのサロンにおいては、所属するエステティシャンの施術の質を高めるために、接遇マナーの研修を実施したり、脱毛機器の使い方について現場で先輩スタッフによるレクチャーを行ったりすることもあります。

医療機関では医療系の資格を持つスタッフが対応している

美容外科や皮膚科などの医療機関で行われているレーザー脱毛と呼ばれる施術は、原則的に医療系の資格を持つ医師や看護師をはじめとするスタッフが対応しており、サロンと比べて安全性が高いことが大きな特徴です。また、クリニックによっては術後に専用の薬剤を使って患部のトリートメントをしたり、様々な検査を通じて施術の効果を高めたりしているところが少なくありません。一般的に、各地のクリニックで行われているレーザー脱毛は、医療行為の一環として高額な費用が掛かりますが、患者の経済的な負担を軽くする目的で、月払いの低価格のコースを用意しているクリニックも増えています。その他、各地のクリニックの中でも、同じスタッフが最後まで施術を担当してくれるところに人気が集まっています。

渋谷で脱毛を行っているエステサロンの中には、資格を持つスタッフが施術を担当しているところや、肌に負担が掛からない脱毛方法を採用しているところが少なくありません。